背景一覧

MOONBlockに用意されている背景の絵素材は次の通りです。

ビーチ
beach

さばく
desert


sky

ハリウッド
hollywood

日蝕
eclipse

宇宙
spacebg

テーブル
table

RPG
rpg

道路
race

黒背景
black

ブロック床
blockg

地面
actiong

キャラクター一覧

MOONBlockに用意されているキャラクターの絵素材は次の通りです。

くま
chara1

アイコン
icon0

こども
chara0

ぶた
chara2

せんしゃ
chara3

くるま
chara4

ナイト
chara5

モンスター
chara6

うちゅうせん
enemy01

ばくはつ
effect0

マップ
map2

MOONBlockの操作方法

MOONBlockの操作方法を説明します。

moonblockscreen

キット
画面の上の方にはMOONBlockのブロックをしまっている箱が並んでいます。これら箱のことを「キット」と呼びます。
HelloMOON1

キットをタップすると箱が開き、しまってあるブロックがでてきます。
もう一度キットをタップすると箱が閉じます
キットを左右にドラッグ(タッチしたままの状態で引きずる)と、画面外で見えていなかったキットを引き出すことができます。
ブロックを消したい時は、画面右下のゴミ箱にドラッグ&ドロップします。

MOONBlockには次の8種類のキットがあります。

ワークスペース
画面中央の黒いところはブロックを配置する場所で、「ワークスペース」と呼びます。
ブロックのない場所でドラッグすると、配置してある全てのブロックが移動します。

ボタン
画面下の方にはMOONBlockを操作するための「ボタン」が並んでいます。

  • セーブデータ – 作ったゲームのセーブデータを見る
  • ソースコード – 作ったゲームのプログラムを見る
  • リセット – ワークスペースに置いたブロックを全て消す
  • フルスクリーン – 実行画面を画面いっぱいまで拡大して表示
  • Runボタン – ゲームを実行

作ったゲームを保存したい時は、セーブデータのプログラムをコピーしてメモアプリで保存します。
後で保存しておいたものをセーブデータに書き込むことで、前に組んだブロックが復活します。

実行画面
画面の右上には実行画面があります。Runを押すとこの画面でゲームが実行されます。

JavaScriptキット

「JavaScriptキット」はJavaScriptの命令を直接使うことができるブロックを格納しているキットです。

実行ブロック
JavaScriptの式を直接実行します。

jsexe

自由条件ブロック
JavaScriptの条件式を直接実行します。

jscondition

変数キット

「変数キット」は数値や文字列などの変数を使うためのブロックをしまっている箱です。

代入ブロック
「代入ブロック」は変数に値を設定するブロックです。

assignment

次の演算子を選択できます。

  • = – 「左の変数」に「右の数値」を代入
  • += – 「左の変数」に「左の変数 + 右の数値」を代入
  • -= – 「左の変数」に「左の変数 − 右の数値」を代入
  • *= – 「左の変数」に「左の変数 × 右の数値」を代入
  • /= – 「左の変数」に「左の変数 ÷ 右の数値」を代入

演算ブロック
「演算ブロック」は数値を使って計算をするブロックです。

operation
次の演算子を選択できます。

  • + – 足し算(+)
  • - – 引き算(−)
  • * – 掛け算(×)
  • / – 割り算(÷)

数値ブロック
「数値ブロック」は数値を表すブロックです。

numericvalue

ランダムブロック
「ランダムブロック」はランダムな数値を表すブロックです。

random

指定した範囲からランダムな数値を生成します。

確率ブロック
「確率ブロック」は0〜100%指定でランダムに真偽を指定するブロックです。

probability

文字列ブロック
「文字列ブロック」は文字列を表すブロックです。

stringvalue

変数ブロック
「変数ブロック」はパペットの変数を表すブロックです。

variable

次の変数を選択できます。

  • x – x座標
  • y – y座標
  • scaleX – 横方向の拡大率
  • scaleY – 縦方向の拡大率
  • rotation – 傾き
  • frame – フレーム
  • age – オブジェクトの生存時間
  • HP – HP
  • text – テキスト

「追加…」で新しい変数を追加することもできます。

相手の変数ブロック
「相手の変数ブロック」は相手のパペットの変数を表すブロックです。

collisionvariable

「当たったときリアクションブロック」の中で使うことができます。
次の変数を選択できます。

  • x – x座標
  • y – y座標
  • scaleX – 横方向の拡大率
  • scaleY – 縦方向の拡大率
  • rotation – 傾き
  • frame – フレーム
  • age – オブジェクトの生存時間
  • HP – HP
  • text – テキスト

「追加…」で新しい変数を追加することもできます。

グローバル変数ブロック
「グローバル変数ブロック」は全てのパペットから利用できる変数のブロックです。

globalvariable

最初から用意されている変数は次の1つです。

  • score – スコア

「追加…」で新しい変数を追加することもできます。

ロジックキット

「ロジックキット」は論理値を計算するためのブロックを格納しているキットです。

論理演算ブロック
「論理演算ブロック」は論理演算と比較演算を行うブロックです。

logicaloperation
論理演算とは「真」と「偽」の2通りしか持たない値の演算のことです。
比較演算とは2つの値を比較して「真」と「偽」の2通りしかもたない値を結果として返す演算のことです。
次の演算子を選択できます。

【論理演算子】

  • && – 左値と右値がともに真のとき真
  • || – 左値と右値がどちらか真のとき真

【比較演算子】

  • > – 左値が右値より大きいとき真
  • < – 左値が右値より小さいとき真
  • >= – 左値が右値より大きいか等しいとき真
  • <= – 左値が右値より小さいか等しいとき真
  • == – 左値と右値が等しいとき真
  • != – 左値と右値が等しくないとき真

否定ブロック
「否定ブロック」は条件の否定するブロックです。

not
条件の結果を反対にすることができます。

条件ブロック
「条件ブロック」は数コマに1回真となる論理値のブロックです。

condition
次の条件種別を選択できます。

  • 100コマに1度
  • 50コマに1度
  • 30コマに1度
  • 10コマに1度

制御キット

「制御キット」は判定やループなどの制御を行うブロックを格納しているキットです。

もしブロック
「もしブロック」は設定した条件に合致したときだけくぼみの中のブロックを実行するブロックです。

if

条件は「条件ブロック」や「論理演算ブロック」などの黄緑色のブロックを使って設定できます。

繰り返しブロック
「繰り返しブロック」は設定した回数だけくぼみの中のブロックを繰り返し実行するブロックです。

loop

数秒後に実行ブロック
「数秒後に実行ブロック」は設定した時間だけ待ってくぼみの中のブロックを実行するブロックです。

wait

数秒ごとに実行ブロック
「数秒ごとに実行ブロック」は設定した時間ごとに設定した回数くぼみの中のブロックを実行するブロックです。

waitloop

シグナルブロック
「シグナルブロック」は画面に表示されているパペット全部にシグナル(イベント)を送るブロックです。

signal

シグナルが送られたときの動きは「ときブロック」で設定できます。

ゲームキット

「ゲームキット」は「ゲーム」で利用するブロックを格納するキットです。

タイマーボードブロック「タイマーボードブロック」は画面に残り時間または経過時間を表示するブロックです。

timerboard

次のカウント種別を選択できます。

  • カウントダウン – カウントが増えていくタイマー
  • カウントアップ – 指定した秒数からカウントが減っていくタイマー

スコアボードブロック
「スコアボードブロック」は画面にスコアを表示するブロックです。

scoreboard

スコアブロック
「スコアブロック」はスコアを変更するブロックです。

score

スコアを変更させるブロックには「スコアブロック」と「当たり判定ブロック」があります。

ゲームオーバーブロック
「ゲームオーバーブロック」はゲームオーバー画面を表示するブロックです。

gameover

ゲームクリアブロック
「ゲームクリアブロック」はゲームクリア画面を表示するブロックです。

gameclear

サウンドブロック
「サウンドブロック」は音を鳴らすブロックです。

sound
あらかじめ用意されている8種類の音を鳴らすことができます。

・コインアラーム
・ピンポン
・ブー
・ばくはつ
・ボヨン
・ガシャン
・ゲームオーバー
・ジャーン

背景ブロック
「背景ブロック」はゲームの背景を設定するブロックです。

background

リアクションキット

「リアクションキット」はパペットでイベントが発生したときの動きを指定するブロックを格納するキットです。

リアクションブロック
「リアクションブロック」はイベント発生時に処理を追加するブロックです。
reaction

リアクションブロックのくぼみに青色ブロックを追加していくことで、処理を追加できます。
次のイベント種別を選択できます。

  • 時間が進んだ – ゲームが1フレーム進むごとに実行
  • パペットがタップされたとき – パペットがタップされたときに実行
  • 画面がタップされたとき – 画面がタップされたときに実行
  • 当たったとき – パペットが何かと当たったときに実行
  • 画面に現れたとき – パペットが画面に現れたときに実行
  • 画面から消えたとき – パペットが画面から消えたときに実行
  • 全滅したとき – そのパペットが全部画面から消えたときに実行

「タイマーボードブロック」を追加すると、「タイマーが終了した」というイベント種別が増えます。
「シグナルブロック」を追加したときも、イベント種別が増えます。

当たったときリアクションブロック
「当たったときリアクションブロック」は他のパペットやテキストと当たったときに起きることを設定するブロックです。

collisionreaction
「ときブロック」の「当たったとき」とは違い、あたるパペットやテキストの種類を1つだけに決められます。

ビヘイビアキット

「ビヘイビアキット」はパペットの動きを表すブロックを格納するキットです。

出現ブロック
「出現ブロック」はパペットが画面にどのように出てくるかを設定するブロックです。

appear

次の出現方法を選択できます。

  • ひとつだけ出る – パペットが画面にひとつだけ出る
  • たくさんでる – パペットが画面のランダムな場所に出る
  • 上からたくさんでてくる – パペットが画面の上からたくさん出てきて下に移動
  • 下からたくさんでてくる – パペットが画面の下からたくさん出てきて上に移動
  • 左からたくさんでてくる – パペットが画面の左からたくさん出てきて右に移動
  • 右からたくさんでてくる – パペットが画面の右からたくさん出てきて左に移動

パペットを画面に出現させるブロックには「クローンブロック」と「出現ブロック」と「スタート位置ブロック」の3つがあります。

動きブロック
「動きブロック」はパペットがどのように画面の中で動くかを設定するブロックです。

movement
次の動きを選択できます。

  • ジグザグに移動 – パペットが上下や左右に揺れて移動
  • タップしたところに位置変更 – パペットが画面のタップされた位置変更
  • タップしたところに向かって移動 – パペットが画面のタップされた位置になめらかに移動
  • 1方向に移動 – パペットが決められた方向に移動。方向8方向から選べる
  • ランダムな方向に移動 – パペットがランダムな方向に移動。方向はパペットが画面に出現するときに決まる。
  • 指定した距離だけ移動 – パペットが指定した距離だけ位置を変更

スペシャルブロック
「スペシャルブロック」はパペットに特殊効果を設定するブロックです。

special

次の特殊効果を選択できます。

  • 大きくなる – パペットがだんだん大きくなる
  • 小さくなる – パペットがだんだん小さくなる
  • 回る – パペットが回る
  • 消える – パペットが消える

パペットを画面から消滅させるブロックには「スペシャルブロック」と「当たり判定ブロック」と「HPブロック」の3つがあります。

設定ブロック
「設定ブロック」はパペットやテキストの情報を設定するブロックです。

settings

設定できる情報の種類は次から選べます。

  • x座標
  • y座標
  • 横の拡大率
  • 縦の拡大率
  • 傾き
  • フレーム
  • スピード

スタート位置ブロック
「スタート位置ブロック」はパペットのスタート位置を設定するブロックです。

startposition

「スタート位置ブロック」の「追加ボタン」をタップすることで、「位置ブロック」が追加されます。
複数のスタート位置を設定することもできます。
パペットを画面に登場させるブロックには「クローンブロック」と「出現ブロック」と「スタート位置ブロック」の3つがあります。

位置ブロック
「位置ブロック」は位置(XとY)を設定するブロックです。

position
「キット」の中にはなく、「スタート位置ブロック」の「追加ボタン」で追加します。

当たり判定ブロック
「当たり判定ブロック」は他のパペットと衝突した時に表示状態とスコアを変更するブロックです。

collision

当たる相手はパペットの名前から選びます。
パペットを画面から消滅させるブロックには「スペシャルブロック」と「当たり判定ブロック」と「HPブロック」の3つがあります。
スコアを変更させるブロックには「スコアブロック」と「当たり判定ブロック」があります。

HPブロック
「HPブロック」はパペットのHP(ゲームでの体力や生命力を表す数値)を設定するブロックです。

hp

初期値は1で0になるとパペットは消滅します。
パペットを画面から消滅させるブロックには「スペシャルブロック」と「当たり判定ブロック」と「HPブロック」の3つがあります。

色ブロック
「色ブロック」はパペットやテキストの色を設定するブロックです。

color

フレームシーケンスブロック
「フレームシーケンスブロック」はパペットのアニメーションを設定するブロックです。

framesequence
絵をタップしてアニメーションさせる順番に絵柄を選択します。
絵柄一覧の下端に表示されているのが選択した絵柄です。
複数選択できますが、いらない絵柄はタップで消してください。

アニメーション速度も設定できます。
・とても速い
・速い
・普通
・遅い
・とても遅い

framesettings